俊明会・いわい歯科医院は愛知県江南市の歯医者さん
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 細菌

タグ : 細菌

DNA検査を用いた歯周内科治療の流れ

1.検査

顕微鏡検査

お口の様子を全体的に見ます。 カビ菌がいるかどうか、 細菌が多いかどうかがわかります。

顕微鏡検査

歯周病菌のDNA検査

歯周病菌のDNA検査

さらに厳密に菌の測定をします。どの歯周病菌がどのくらいいるかはっきりと数字でわかります。検査は短時間ですみ、痛みもありません。

2.診察→治療

・生活習慣によるもの

歯みがきの徹底
禁煙
免疫力アップ など

・歯周病菌の感染によるもの歯周内科治療

1)歯周病菌に効果のある抗生物質を内服
2)カビ菌にきくハミガキ剤で歯磨き
3)歯周病菌がいないきれいな状態で歯石を徹底的に除去する

3.治療結果

こんなにきれいになりました

治療結果

4.治療後の注意

定期健診が大切です

治療後は定期的に歯のクリーニングを受けることで自分の歯を健康に保つことができます。

再感染に気を付けましょう

家族間で感染することがありますのでご家族そろっての除菌をお勧めします。ペットからも感染することがあります。

歯のクリーニング

歯のクリーニングを定期的にすべき本当の理由とは

みなさん歯のクリーニングというと、歯に着色のついた人や、歯石の溜まった人だけに必要な処置だと思っていませんか?
もちろんクリーニングで茶渋やステイン、タバコのヤニなどを取り除くことは出来ますが、クリーニング本来の目的はバイオフィルムの除去にあるのです。

バイオフィルムとは細菌のかたまりで、虫歯はもちろん歯周病の原因そのものといえます。
さらに自分自身では気づきにくく、普段の歯ブラシのみでは除去できないものなのです。つまりお口の中の健康を保つうえで、クリーニングはすべての人に必要不可欠と言えます。

また、クリーニングの結果減少した細菌は、2ヶ月程でもとの数に戻ってしまうと言われています。そのため当院では、おおよそ3ヶ月に一度の定期検診とクリーニングをおすすめしています。

歯のクリーニング

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.